管理人的ウィル・スミスの代表作

スポンサードリンク

管理人的ウィル・スミスの代表作GOSSIPICK多くの名作に出演してきた俳優のウィル・スミスだが、その代表作とはどの映画なのか?今日、改めて書いてみたいと思います。

ウィルスミス 代表作

個人的にはアカデミー俳優になる前のウィル・スミスのキャラのほうがインパクトが強く、

あの頃(昔)のヤンチャで強気な感じのウィルのほうが、

本来の彼の性格に合っているように思える。

「幸せの力」や「アイアムレジェンド」など、

多くの話題作にて評論家をうならせたが、

実際にウィルの個性が光っていたのは、もっと若い時代の作品だ。

管理人的には「インデペンデンス・デイ」がお気に入り

この頃のウィルが30代にもなっていないか?(調べてない)

ドゲドゲしていながらも、ユーモラスでタフ。そんなウィル・スミスの魅力がふんだんに詰まっている。

映画そのものの評価は他にも良い映画はたくさんあるが、ウィル・スミス個人の魅力を感じれる作品といったら、

この「インデペンデンス・デイ」が一番だと思う。

一般論でいえばバッドボーイズなどコアなファンが多いため、これは彼の代表作と数える人もいるが、

バッドボーイズは他のキャストのキャラも立ちすぎているため、ウィルの魅力だけにフォーカスはできない。

今の若い子にウィル・スミスを知らない子がいたとしても、自分は古い「インデペンデンス・デイ」を代表作として紹介するだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です