ケイト・ハドソンがナイン「nine」で魅せた完成された大人の魅力

スポンサードリンク

ケイト・ハドソンがナイン「nine」で魅せた完成された大人の魅力GOSSIPICKケイト・ハドソンは2009年に公開された映画「ナイン」にて魅惑の美女を好演し、特技の美しいダンスとボーカルを披露した。

ケイトハドソン ナイン 画像

ケイト・ハドソンは音楽に関わる作品に多く出演し、

この「ナイン」ではミュージカル映画の醍醐味である、

大胆な演奏シーンにて自分の音楽の力を多いに発揮し、

結果、ナイン自体はアカデミーノミネートに、ケイト・ハドソン自身は多くの評論家に認められた。

nineを筆頭にケイト・ハドソンの音楽との関わり

かつてケイト・ハドソンは「あの頃ペニーレインと」という映画で、

当時ブームだったハードロックのグルーピー役としてブレイク。

プライベートではロックバンド「ブラック・クロウズ」のクリス・ロビンソンと交際を続け、2000年にゴールイン。

そのクリスとの破局後も人気ロックバンド「ミューズ」のボーカルであるマシュー・ベラミーと交際し2010に再婚。

仕事のみならず、プライベートでも音楽家との関わりは深く、この映画「ナイン」でのボーカル披露はケイト・ハドソン本人も自分のキャリアの中で重要な位置付けになったことだろう。

最近、ロックファッションのアイコンであるクロムハーツとのコラボを果たしたり、女優以外の活動でも音楽にかすめた内容の仕事が多い。

もし、この先ケイト・ハドソンが女優業を休むとなったら音楽に関わる仕事を始めると考えても良いだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です