アカデミー賞でのケイト・ブランシェットのスピーチとドレス

スポンサードリンク

アカデミー賞でのケイト・ブランシェットのスピーチとドレスGOSSIPICKウディ・アレン監督の「ブルー・ジャスミン」という映画にて、演技が大好評であったケイト・ブランシェット。アカデミー賞では主演女優賞を受賞した。

ケイトブランシェット アカデミー賞 スピーチ ドレス 画像

アカデミー賞では強豪が多くひしめく中、ケイトは堂々とした振る舞いで、

多くの俳優が敬う夢を手にした。

アカデミーの会場にはベージュのロングドレスで登場し、

賞だけでなく、ファッション面でも他のライバルたちに大きな差を見せた。

ケイト・ブランシェットのアカデミーでのスピーチ

知的な評判の強い彼女だけに、その受賞の際のスピーチは注目を浴びた。

彼女が受賞を果たした映画のストーリーが裕福から貧困に落ちる惨めな内容で、

その映画のテーマに文字った、とても感銘深いスピーチを披露した。

「この業界には、女性を主軸に描いた映画はニッチだというアイデアに、愚かにもいまだにしがみついている人々がいます。そんなことはありません。観客はそういう作品を求めているし、実際に儲かるのです。皆さん、地球は丸いのよ」

このケイトの産業的な絡みを含めた知的なスピーチに、多くの関係者が感激したに違いない。

公開当初の評判から、その年の有力映画に駆け上ったのは、偉大な女優の苦労とカリスマ性が隠れていたに違いない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です