ジャスティン・ビーバーのファッションの夏と冬の違い

スポンサードリンク

ジャスティン・ビーバーのファッションの夏と冬の違いGOSSIPICKジャスティンビーバーは若者にとってはファッションアイコンでもあるので、多くの人が彼のファッションセンスに直目している。実際に彼は最先端のトレンドを積極的にファッションに取り入れており、そのセンスは次世代型だと言われている。今日はそんなジャスティンビーバーのファッションの夏と冬の違いを紹介する。

ジャスティンビーバー ファッション 夏 画像

ジャスティンビーバーは夏でも革物を着たりしていて、センスはアフリカ系に近いものだと言える。

色合いはシンプルな白や黒の原色が多く、そこに赤などのアクセントをいれつことを好む。

最近ではタトゥーを多く入れているだけあって、腕の魅せ方などを意識しているように見える。

昔よりもじゃらじゃらしたシルバーアクセサリーは減って、腕時計とシンプルなリングだけであることが多い。

ジャスティン・ビーバーの冬服はレア?

ジャスティンビーバー ファッション 冬 画像

ジャスティン・ビーバーは仕事する場所も、住んでいる場所もカルフォニアなどの暖かいシチュエーションが多く、防寒していジャスティン・ビーバーを見れる場面は少ない。

さらにジャスティン・ビーバーは遊びに行く場所も島などの暖かい場所が多く、プライベートでの夏服のような恰好をすることがメインなのだ。

自分がいくつか見つけたジャスティン・ビーバーの冬服は完全にアフリカ系のミュージシャンのようなセンス。やはり冬服は着慣れてないせいか、お洒落とは言いがたい。(もちろんカッコいいけど)

これから俳優の仕事が増えて、寒いシチュエーションで仕事するジャスティン・ビーバーの姿が多く見られるようになれば、彼の冬のファッションを見れる場面は増えていくことでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です