スカーレット・ヨハンソンが胸をもまれるイタズラをされる・・・

スポンサードリンク

スカーレット・ヨハンソンが胸をもまれるイタズラをされる・・・GOSSIPICK色気たっぷりの女優として男性に熱い目線を受け続ける女優のスカーレット・ヨハンソン。そんな彼女がゴールデングローブ賞のレッドカーペットにて、アメリカ流の大胆なドッキリの被害に合ってしまった。内容は単純「いきなり胸をもまれる」といったドッキリだ。

スカーレットヨハンソン もまれる 画像

この日のスカーレット・ヨハンソンは真っ赤な色気のあるドレスで出席し、

会場に駆けつけた数々のメディアのインタビューに陽気に応える、

そんな中、EIチャンネルのリポーターであるアイザック・ミスラからのインタビューの最中、

世界を驚かせる、犯罪ギリギリのドッキリを仕掛けられてしまう。

それが、この記事のタイトルにもある「胸をもまれる」ことである。

スカーレット・ヨハンソンをもんだ犯人は男性が好きな方

このドッキリを仕掛けたリポーターのアイザック氏は同性愛者の方で、

スカーレット本人もその事実を容認していた。

その訳あって、もまれたスカーレットは怒りこそはしなかったものの、

リアクションしづらい顔で、困っていた・・・・(笑)

スカーレットの胸をもんだアイザックは一応喜ぶ、

「わーい、スカーレットのもんだぞー」と子供のような無邪気なノリ、

これにはスタジオにいたお客さんも大爆笑であった。

 

レッドカーペットのセキュリティ・・・

最近ではブラッド・ピットが顔を触られたり、

ちょっと昔ではウィル・スミスやトム・クルーズが被害に合っている。

今回のスカーレットのドッキリも、一般人の人がその気になれば真似できてしまう。

ファンとの交流の場でもあるが、その警戒は今後もっと厳しくなっていくことだろう。

 

ちなみにこのドッキリはYouTubeなどにたくさん投稿されているので、

気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です