スカーレット・ヨハンソンのぬればには2つの意味がある

スポンサードリンク

スカーレット・ヨハンソンのぬればには2つの意味があるGOSSIPICK魅力的な体の持ち主として同性からも絶賛を受けているスカーレット・ヨハンソン。そんな彼女は映画の中でもその魅力を多いに発揮してる。

スカーレットヨハンソン ぬれば 画像

特に初めてぬればを披露した「マッチポイント」を皮切りに、

際どいシーンや、女性の生々しい生活感を体を張って演じている。

最近では「アンダー・ザ・スキン」にて、

これまで以上に大胆なぬればを演じており、

これには全米のスカーレットファンが息をのんだ。

スカーレット・ヨハンソンのぬればはストーリーを豊かにする

マッチ・ポイントでは典型的な金髪美女という、完ぺきな美しさを披露したが、

別の映画「アンダー・ザ・スキン」では少しぽっちゃりした体を披露してる。

 

このスカーレットの体の魅せ方は、

ただ「キレイだと思われたい」という自己顕示欲を抑えた、

映画のストーリーに沿った体を用意してるのだ。

 

多くの女優が脱ぐとなると、

極端なダイエットに走り、

結果、普段の印象よりも頑張った感丸出しな、

ちょっと不自然なシーンになることが多いが、

スカーレットはそんな無理はしない

 

彼女は自分のぽっちゃりした体を誇りに思っており、

映画の主人公が圧巻な美女でない限り、

スカーレットはありのままの生々しい普通体型で撮影に挑む。

 

これには、スカーレットの女優としての素直さと、

その映画のストーリーに忠実な、自分に求められていることを把握する勘の良さと、

2つの彼女の長所が隠れているのだ。

 

この先もぬればを演じることの多そうなスカーレット・ヨハンソンだけに、

その映画の内容と、彼女が作ってくる体には注目だ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です